2017年11月18日土曜日

2017/12/23労働教育実践交流集会:基礎から学ぶ 労働時間の教え方

労働教育研究会−労働教育実践交流集会
基礎から学ぶ労働時間の教え方

2017年12月23日(土)13:00開場・13:30開始 − 17:40終了
明治大学駿河台キャンパス・グローバルフロント2階4021教室 

労働教育研究会では、今年度、労働時間を教育実践のなかでどう取り上げるか、議論してきました。そこで、12月23日に開催します労働教育実践交流会では、第一部で、(1)関東各県の高校現場から高校生のアルバイトにみる労働問題、特に労働時間に関わる問題についての報告、(2)ロングホームルームを活用した教育実践について報告をそれぞれ受けて議論します。第二部では、教科書をどう活用していくかをテーマにワークショップを教科別に行います。多くのみなさんのご参加を呼びかけます。

13:40-15:30
第Ⅰ部 やり方はいろいろ。実践報告!
・高校生の就労実態
多摩地区定時制高校就労実態:斉藤克彦(都立町田高校定時制)
アルバイト実態調査報告: 神奈川高校生アルバイト問題調査WG
神奈川県立定時制高校のアルバイト問題:峰尾正一(県立神奈川工業高校定時制) 

・LHRでどう教える、労働時間?
-みんなで考えよう、高校生のアルバイト-
成田恭子(神奈川県立金沢総合高校教諭)

15:45-17:40
第Ⅱ部 教科書は盛り過ぎ。ではどうする?
現代社会/世界史/家庭科/保健
で分れて
グループ討論と全体シェア
・総括討論

共催:労働教育研究会/明治大学労働教育メディア研究センター/法政大学フェアレイバー研究所/一橋大学フェアレイバー研究教育センター

問合せ・参加申し込み   b071429k(at)r.hit-u.ac.jp  (at)を半角の@に置き換えて送信下さい。
※参加希望者は資料準備の都合がありますので、できるだけ、ご一報下さい。